日本イタリア古楽協会

Associazione Musica Antica Italiana in Giappone (AMAIG)

HOME > イベント > イベント2013

イベント

2013年度活動

*2013年度総会

日時:2013年5月6日(月・祝) 14:15〜

場所:古楽研究会 スペース1F(板橋区中丸町10-1 古楽研究会ビル1F)

地下鉄有楽町線・副都心線要町下車出口3番徒歩約8分 ☎03-3530-7280 http://www.space1f.com/)

終了後、会員によるミニ・コンサート(出演:懸田貴嗣vn &桒形亜樹子cem)と懇親会を開催。

*2013年度例会(全3回)

第1回)『鍵盤楽器(仮題)』オルガン編
日にち:2014年1月18日(土)時間未定
場所:日本キリスト教団本郷教会(西荻窪)
講師:桒形亜樹子(チェンバロ奏者、東京藝術大学講師)

第2回)『Gesualdo』
講師:園田みどり(東京藝術大学講師)
日時:2014年3月26日(水)18:30~20:30(時間は予定)
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター

第3回)『鍵盤楽器(仮題)』チェンバロ編
イタリア・バロック鍵盤音楽展望
日時:未定
場所:未定

お問い合わせ・お申し込み:日本イタリア古楽協会
fax : 03-5905-0426  e-mail : LinkIconm_a_italiana@yahoo.co.jp


                      URL : http://www.avanti.gr.jp/amaig/index.html

AMAIG 勉強会
音楽理論セミナー/拍子記号とプロポルツィオーネ

拍子記号&プロポルツィオーネ
モンテヴェルディの『オルフェオ』や『聖母マリアの晩課』等で私たちが頻繁に出会う3拍子の部分は、当時のオリジナル印刷譜を見ると、同じ3拍子でも書き方が様々です。さて、それはどうしてなのでしょう?そして、その違いをどの様にして演奏に反映させることができるでしょう?モンテヴェルディより前の時代の記譜法にたち帰り、当時の音楽理論書も参考にしながら探っていきます。

第1回)ルネッサンスの記譜法
〜1500年代の記譜法をオリジナルを見て理解します〜
2013年10月8日(火)18:30~20:30

第2回)プロポルツィオーネ
〜概念と使用例を参照します〜
2013年10月23日(水)18:30~20:30

第3回)黒音符
〜その時、なぜ作曲家は黒音符で書いたのか?〜
2013年11月13日(水)18:30~20:30

第4回)楽曲分析と演奏の現場における諸問題〜実際
演奏するときどうすればいいのだろうか?〜
2013年11月29日(金)18:30~20:30

講師:福島康晴(テノール)
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
料金(1回毎):会員1,000 円 会員同伴1名まで
1,500 円 一般2,000 円


お問い合わせ・お申し込み:日本イタリア古楽協会
fax : 03-5905-0426  e-mail : LinkIconm_a_italiana@yahoo.co.jp

歌と通奏低音のためのマスタークラス

17・18世紀イタリアの声楽作品の演奏法、
特にレチタール・カンタンド様式とレチタティーヴォに注目して、
声楽と通奏低音の両面から分析していきます。

講師:櫻田 亮(テノール)/桑形 亜樹子(チェンバロ)
日時:2013年7月21日(日)16:00〜21:00(変更になりました)
会場:Studio Trianon(東京都文京区湯島2-14-3)

受講対象者:音楽大学在学生、卒業生、及び同等の実力を有する声楽家、通奏低音奏者。(チェンバロ 以外の楽器も可、会場にはチェンバロのみ設置)
受講対象曲:17・18世紀イタリアの単声の声楽作品で、イタリア語で歌唱されるもの。(レチタール・カンタンド様式で書かれたもの、レチタティーヴォ付きのオペラ・アリアなどが望ましい)

定員(レッスン時間):デュオ参加3組6名(1組1時間) ソロ参加2名(1人45分)
聴講10名
*デュオ参加は声楽と通奏低音奏者の組として受講。ソロ参加は声楽あるいは通奏低音奏者1名での受講。 声楽のソロ参加の場合、伴奏はチェンバロ講師桑形 亜樹子が、通奏低音のソロ参加の場合、声楽パートは声楽講師櫻田亮が演奏します。

受講料(一般):デュオ参加1組 18.000円
ソロ参加1人12.000円
(AMAIG会員):デュオ参加1組 15.000円
ソロ参加1人10.000円
聴講料:(一般)3,000円 (AMAIG会員)2.000円
受講申込締切り:2013年7月7日(日)

その他:*受講及び聴講申込の方は、メールにてお申込み下さい。
 *受講の方は、希望曲を第3希望まで提出して下さい。受講曲の重複を避け
るため、調整のうえ当日の受講曲を1曲指定致します。受講曲決定後、受講曲のコピーを3部事務局へ提出して下さい。
*受講者は、原則として他のレッスンも聴講です。予定を調整してご参加下さい。
*チェンバロのピッチ・調律法は、受講者決定後に相談に応じますが、ご希望に添えない場合もありますので、予めご了承下さい。

問合せ:日本イタリア古楽協会 LinkIconm_a_italiana@yahoo.co.jp

特別企画
芝崎久美子追悼コンサート

2013年8月7日(水)19:00開演(18:30開場)
近江楽堂(東京都新宿区 西新宿3-20-2 東京オペラシティ3F)

本年1月6日、51歳の若さで急逝したチェンバリスト芝崎久美子氏を偲び、コンサートを行います。彼女が創立メンバーの一人として精力的に活動した日本イタリア古楽協会が主催。彼女と共演経験のある演奏家有志が中心となり、彼女が愛した曲、彼女との思い出の曲などを演奏します。

出演:Sop.小林木綿/Ten.櫻田亮/Rec.向江昭雅/Ob.三宮正満/Vn.杉田せつ子/
Vc.懸田貴嗣、西澤央子/Cemb.桑形亜樹子、平井み帆、水永牧子

曲目:ヴィヴァルディ「チェロ・ソナタ ト短調RV42」、ヴィヴァルディ「室内協奏曲」、
フローベルガー「未来の自分の死への瞑想」、パーセル「美しい島」
ヘンデル オペラ“オットーネ”より「偽りの肖像」
モンテヴェルディ「これほどに甘い苦しみが」
料金:3,000円(全席自由)
主催・問合せ:日本イタリア古楽協会 LinkIconm_a_italiana@yahoo.co.jp

※出演者・曲目に変更のある場合がございますので、あらかじめご了承下さい。就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮ください。

sakurada_sama02.jpg

マスタークラス

ロベルト・バルコーニRoberto Balconi(CT)
〜17・18世紀イタリア語による声楽作品を中心に〜

日時:2014年1月25日(土)13:00~19:00
      1月26日(日)予備日
会場:Studio Trianon(文京区湯島2-14-3)
定員:受講5名(1名約50分)、聴講10名
受講曲:17・18世紀イタリアの単声の声楽作品で、イタリア語で歌唱されるもの。Caccini, Monteverdi, FrescobaldiからVivaldiまで(Handelも含む)
受講料:一般10,000円 AMAIG会員8,000円。チェンバロ伴奏者をご希望の方はそれぞれ+3,000円
聴講料:一般3,000円 AMAIG会員2,000 円
* 伊語通訳付き。希望者には英語でのレッスンも可。
* 通奏低音はチェンバロ以外の楽器も可。会場にはチェンバロのみ設置/
* チェンバロのピッチは415Hzおよび440Hz。

*受講は定員に達しました。

*2012年度協賛&後援予定事業

◎南蛮ムジカのオルフェオ
2013年6月8日(土) 求道会館
出演:辻康介vo 佐藤亜紀子chit & guit

◎リコーダーオーケストラ「デル・ソーレ大阪」第6回コンサート
2013年6月2日(日) イシハラホール
出演:向江昭雅 cond &rec
リコーダーオーケストラ「デル・ソーレ大阪」 リコーダーアンサンブル「Solaria」(向江昭雅 他)
主催:デル・ソーレ大阪
チケット予約:ticket@del-sole.net
http://www.avanti.gr.jp/del-sole/index.html

◎リコーダーオーケストラ「デル・ソーレ東京」2013コンサート
2013年6月23日(日) 白寿ホール
出演:向江昭雅 cond&rec.
リコーダーオーケストラ「デル・ソーレ東京」山崎万理子・坂本美円・吉田一郎 他
主催:デル・ソーレ東京
チケット予約:ticket@del-sole.net
http://www.avanti.gr.jp/del-sole/index.html

◎『アンジェリーコ』第二弾!古楽金管アンサンブル コルネット・サクバット+オルガン
2013年7月27日(土) 日本キリスト教団本郷教会
出演:宮下宣子sb 濱田芳通cor 西山まりえorg 他

◎イタリア愛の物語
2013年8月22日(木) 東京オペラシティ 近江楽堂
出演:鈴木美登里sop 平井み帆cem 他

◎『4声のマドリガーレ』
バルバラ・ストッツィ vs ジョヴァンニ・ヴァレン
ティーニ
〜同じヴェネツィア出身の作曲家の対決!表現主義とも
言えるようなストロッツィの主情的な作品と、まるでキュ
ビズムのように歪められたヴァレンティーニの旋律、あな
たはどちらが好きですか?〜
日時:2013年9月13日(金)19:00開演
場所:日本福音ルーテル東京教会
出演:野呂愛美sop 福島康晴ten
佐藤亜紀子theo. 他
曲目:ストロッツィ/マドリガーレ集第1巻(1644)よ
り、ヴァレンティーニ/マドリガーレ集第2巻(1616)
より、マレンツィオ/西風が戻り、デ・ローレ/別れの
時、ほか
前売り:3,500円、当日:4,000円
問合せ:fukushimakouenkai@gmail.com,
☎070-5360-6678

◎阿部早希子ソプラノリサイタル vol.2
日時:2013年10月4日(金)19:00開演
場所:日本福音ルーテル東京教会(JR大久保駅より
徒歩5分/JR新大久保駅より徒歩7分)
出演:阿部早希子sop 濱田芳通rec 懸田貴嗣vc
西山まりえcem&arp
曲目:G.カッチーニ/一日中涙に暮れて、J.ペーリ/
一日中涙に暮れて、B.ストロッツィ/秘密の恋人、C.
モンテヴェルディ/アリアンナの嘆き、この世から消
え去ってしまいたい、A.スカルラッティ/まこと、君
ゆえ愛に身を焦がし、他
料金:前売4000円 当日4500円
問合せ先: E-mail:fantazyas.japan@gmail.com
☎070-5360-6678

◎ 「アルカンジェロ・コレッリ 作品5 ヴァイオ
リンと通奏低音の為のソナタ 全12曲演奏会」
日時:
第1番から第6番/10月11日(金) 14時開演
第7番から第12番/12月16日(金) 19時開演
場所:東京オペラシティ 近江楽堂
出演:チパンゴ・コンソート
杉田せつ子vl 懸田貴嗣vc 西山まりえarp
桒形亜樹子cem

◎「musica celeste,musica terrena」(仮題)
日時:函館公演/2013年10月15日(火)
東京公演/2013年10月23日(水)
場所:函館公演/洋琴庭・森の音楽室
東京公演/新宿 近江楽堂
*東京公演は、昼夜二公演を予定。
曲目:昼公演「ローマ編」/フレスコバルディ”マッ
ダレーナ”、マッツォッキ”ディドーネ” 他、夜公演
「ヴェネツィア編」/モンテヴェルディ”何とあなた
は美しい”、ストロッツィ”サルヴェ・レジーナ” 他
出演:藤井あやsop、久保田潤子arp、他
料金:昼夜とも前売3,000円/当日3,500円
2公演セット券5,000円
問合せ: entheos@yuru-aco.com
☎080-5047-1238(久保田)

◎ 「アルカンジェロ・コレッリ 作品5 ヴァイオ
リンと通奏低音の為のソナタ 全12曲演奏会(後半)」
日時:12月16日(金) 19時開演
場所:東京オペラシティ 近江楽堂
出演:チパンゴ・コンソート/杉田せつ子vl 懸田
貴嗣vc 西山まりえarp 桒形亜樹子cem

◎ ナポリの光と影
~ナポリ楽派の巨匠 A. スカルラッティ と F. マンチーニの作品~
日時:2014年1月6日(月)19:00開演(18:30開場)
場所:近江楽堂(東京オペラシティ3F)
曲目:
A. スカルラッティ / リコーダー協奏曲 第7番 ニ長調
A. スカルラッティ / リコーダー協奏曲 第12番 ハ短調
F. マンチーニ / リコーダー協奏曲 第6番 ニ短調
F. マンチーニ / リコーダー協奏曲 第16番 ヘ長調
A. スカルラッティ / フォリア(チェンバロソロ)
F. マンチーニ / リコーダー・ソナタ 第10番 ロ短調
出演:向江昭雅:リコーダー 長岡聡季:ヴァイオリン 高橋真二:ヴァイオリン 諸岡範澄:チェロ 平井み帆:チェンバロ
料金:一般前売:4,000円(当日:4,500円) 学生前売:2,000円(当日:2,500円)[全席自由]
お問い合わせ・チケット取り扱い / 近江楽堂(松木アートオフィス)Tel. 03-5353-6937
ご予約・お問い合わせ / アヴァンティAVANTI  http://www.avanti.gr.jpavanti@avanti.gr.jp

◎ A. ステッファーニ「2声のための室内カンター
タ集」CD発売記念演奏会
日時:2014年2月1日(土)14時開演
場所:武蔵野市民文化会館 小ホール
曲目:A.スッテファーニ“私は嘲笑う”“私のことを惜
しみ嘆くだろう”“草原から持ち去るこの花は”“嵐の
ような渦巻く風”“恋するのなら欲しくない” 他
出演:阿部早希子 sop、ロベルト・バルコーニct、
福島康晴t、懸田貴嗣vc、他
料金:前売4,000円/当日4,500円
問合せ:ファンタジアス・ジャパン
☎070-5026-8898
fantazyas.japan@gmail.com

その他

1) AMAIG 通信発行(毎月)
2) AMAIG 会報“LA VOCE DI MUSA”発行(年1回)
3) 2014 年新年会



過去の活動については、こちら(2012年度)(2011年度)(2010年度)(2009年度)(2008年度)をご覧下さい。