綿谷 優子 WATAYA, Yuko

(チェンバロ Cembalo)


桐朋学園大学ピアノ科卒。チェンバロを鍋島元子、R.コーネン、E.ファディーニ、A.ジェームス各氏に師事。バロック時代の作品にとどまらず、現代に生きる古楽器の可能性を試そうと、邦楽器との初演作品(8作)、オリジナル作品によるジャン・ジャンシリーズなど、1980年より国内で250回余りのリサイタルを行なう。1990年ベルギー王立ブリュッセル音楽学院開校以来、初めて入学試験時に一等章(プルミエ・プリ)の学位を取得。1991年1月、日本人として初めてベルギー王立楽器博物館内ホールにて、当館所蔵の歴史的楽器3台を用いてリサイタル。1992年同学院にて最高栄誉賞付ソリスト・ディプロマの学位を取得するとともに、欧州でのコンサートに入る。1994年CD『美・発見の旅』1997年『クラヴィコードの芸術』2001年7月『ハイドン/ソナタ全集<第1集>』を発売。現在、TV、ラジオ番組録音、国内外の演奏活動に幅広く活動中。またBXL国際鍵盤フェスティバル、イタリアコモ湖音楽祭、イスラエル音楽祭への招聘も受けている。ギタルラ社東京古典楽器センターチェンバロ科講師。
AVANTIに関するご質問、お問い合せは

info@avanti.gr.jp

まで。