上杉 清仁 UESUGI, Sumihito

(カウンターテナー counter Tenor)


高知大学人文学部卒業。同大学院教育研究科修了。現在、東京芸術大学院古楽科在籍。声楽を小原浄二、野々下由香里、伊原直子、ペーター・コーイ、ゲルト・デュルク、ロビン・ブレイズの各氏に師事。2000年山梨古楽コンクールにおいて最高位を受賞。併せて栃木[蔵の街]音楽祭賞を受賞し記念リサイタルを行う。2001年芸大メサイアにおいて初のカウンターテノールとしてソリストを務める。またバッハ・コレギウム・ジャパンのメンバーとして国内外の演奏会やCD録音に数多く参加している。2002年5月には渡邊順生氏指揮の日本初single編成でのJ. S. バッハ『ヨハネ受難曲』の演奏会において好評を博した。芸大カンタータクラブにおいて小林道夫氏のもとで研鑽を積んでいる。日本で数少ないカウンターテノールの一人として活躍が期待されている。高知バッハカンタータフェライン、メンバー。
AVANTIに関するご質問、お問い合せは

info@avanti.gr.jp

まで。