植野 真知子 UENO, Machiko

(オーボエ Oboe)



 大阪府生まれ。京都市立堀川高校音楽科(現京都市立音楽高校)を経て、桐朋学園大学音楽学部を首席で卒業。在学中に第51回日本音楽コンクール管楽器部門第3位入賞。同大学研究科にてバロック・オーボエを本間正史氏に師事し、第1回山梨古楽コンクール第3位入賞。'89年渡仏。パリ高等音楽院にてバロック・オーボエをM.アンリ氏に師事し、ソリスト・ディプロマを得て卒業。在学中より「ラ・グランド・エキュリ・エ・ラ・シャンブル・デュ・ロワ」「レ・ミュージシャン・デュ・ルーヴル」などのフランスの主要なバロック・オーケストラで演奏を行い、'92年よりフランスの代表的なバロック・オーケストラ「レザール・フロリッサン」(ウィリアム・クリスティ指揮)のメンバーとしてフランス国内はもとより、ヨーロッパ各地での演奏活動を行っている。パリ・オペラ座、オペラ・コミック座、ヴェルサイユ宮殿歌劇場、リヨン歌劇場、ニース歌劇場..... などに於ける『優雅なインドの国々』『イポリトとアリシ』『レ・ボレアード』『メデー』『ファエトン』...etc...などのフランス・バロック・オペラ上演をはじめ、ヘンデルの『オルランド』『アルチーナ』『ヘラクレス』など、数々のバロック・オペラ上演で演奏。エクサン・プロヴァンス音楽祭、エジンバラ音楽祭、ウィーン芸術週間など各地の音楽祭へも毎年出演。近年続いているパリ・オペラ座バロック・オペラ公演への定期的な出演、「レザール・フロリッサン」の定期的なニューヨーク公演、また、数々のCDレコーディングにも参加するなど多忙の日々を送るとともに、自ら主宰する「アンサンブル・デュ・ソレイユ」では、器楽アンサンブルにとどまらない多面的な活動を意欲的に展開している。'06年秋のラモーのオペラでの来日公演も決定している。日本におけるフランス・バロック音楽演奏の第一人者。パリ在住。

AVANTIに関するご質問、お問い合せは

info@avanti.gr.jp

まで。