宇田川 貞夫 UDAGAWA, Sadao

(ヴィオラ・ダ・ガンバ Viola da gamba)


横浜生まれ。ブリュッセル王立音楽院卒。ヴィオラ・ダ・ガンバをヴィーラント・クイケン、室内楽をポール・ドンブレヒトに師事。帰国後は、リサイタルを始めNHK(TV・FM)に出演、演奏会企画、音楽祭プロデュース等多彩な活動を展開している。近年指揮者としての活動も多く、古楽オーケストラ「ザ・バロック・バンド」、「東京モンテヴェルディ合唱団」を指揮、モンテヴェルディ、バッハ、モーツァルト等を演奏し絶賛を博す。最近は古楽声楽の指揮者としての評価も高い。バロック期の演技(ジェスチャー)の研究を始める。97年より、札幌古楽の夏音楽祭をプロデュース、音楽監督に就任。現在、東京古楽集団代表、ザ・バロック・バンド指揮者、東京モンテヴェルディ合唱団指揮者、セシールレコード・オーナー・プロデューサー。


AVANTIに関するご質問、お問い合せは

info@avanti.gr.jp

まで。