寺神戸 亮 TERAKADO, Ryo

( ヴィオリン Violin)


 1961年生まれ。桐朋学園大学に学び、在学中の83年日本音楽コンクール・ヴァイオリン部門で第3位入賞、84年同大学を首席で卒業すると同時に東京フィルハーモニー交響楽団にコンサートマスターとして入団、所謂モダン・ヴァイオリニストとしても将来を嘱望された存在だった。しかし、大学在学中より興味を抱いていたオリジナル楽器によるバロック演奏に専心するため86年に同団を退団、オランダのデン・ハーグ王立音楽院に留学、シギスヴァルト・クイケンの下で研鎮を積んだ。同院在学中から演奏活動を始めると、直ちにその才能は広く認められるところとなり、<レ・ザール・フロリサン><シャペル・ロワイヤル><コレギウム・ヴォカーレ>などヨーロッパを代表する古楽器アンサンブルのコンサートマスターを歴任、現在はシギスヴァルト・クイケンの絶大な信頼を得て<ラ・プティット・バンド>のコンサートマスターを務める。
 日本でも91年<レ・ザール・フロリサン>公演のリーダーぶり、92、94年の<クイケン・アンサンブル>公演での共演、自ら主催する<トウキョウ・バロック>公演、93年10月初来日を果たしたシギスヴァルド・クイケン指揮<ラ・プティット・バンド>のコンサートマスターとしての充実した仕事などアンサンブル・プレイヤーとして優れた資質を発揮している。最近ではソリストとしての活躍が目覚ましく、欧州での<ラ・プティット・バンド>や<レ・ザール・フロリサン>との数々のコンチェルト演奏やリサイタル、日本では鈴木雅明氏の<バッハ・コレギウム・ジャパン>や有田正広氏の<東京バッハ・モーツァルト・オーケストラ>との協奏曲で素晴らしい独奏を披露、また94年2月の『バロックヴァイオリン・リサイタル』は、各地で絶賛を博している。また、『北とぴあ国際音楽祭’95プレ』ではパーセルの《ダイドーとエネアス》を指揮して、指揮者としても注目を集めている。レコーディングも活発で、デンオン・アリアーレ・レーベルからルクレール《ヴァイオリン・ソナタ集》で初ソロCDをリリース、その後もヘンデル、ビーバーなどの録音を次々にリリースし、《コレッリ:ヴァイオリン・ソナタ集》は1995年レコード・アカデミー賞〔音楽史部門〕・《モーツァルト:協奏交響曲ほか》は96年同賞〔協奏曲部門〕を受賞するなど、いずれも好評を博している。


AVANTIに関するご質問、お問い合せは

info@avanti.gr.jp

まで。