淡野 弓子 TANNO, Yumiko

(声楽 Voice)


東京生れ。18才より合唱の指揮を始め東京芸術大学を経て、1964年ドイツのヴェストファーレン州立教会音楽院に留学、W.エーマンに合唱指揮、ハーゼマンに声楽を師事。留学中ヒルゴッセン聖歌隊の指揮を務めた。1968年東京に「ハインリヒ・シュッツ合唱団」を設立、以来シュッツを始め中世から現代に至る多くの作品を演奏。1971年〜74年リオ・デ・ジャネイロ、1978年〜80年ワシントンDCにおいていずれも合唱指揮及び演奏活動。1984年音楽グループ「ムシカ・ポエティカ」を結成、指揮者及び独唱者として活動を展開。シュッツ合唱団を率いての1985年秋東西ドイツ、1994年ドイツ演奏旅行はいずれも成功裡に終了。1989年より12年間の予定で「シュッツ全作品演奏」に着手し続行中。1991年夏、ケルンのアグネス・ギーベルのもとで研鑽を積み、1993年と94年に「淡野弓子メゾ・ソプラノリサイタル」を開催。LP〈マタイ受難曲:シユッツ〉 〈ヨハネ受難曲:バッハ〉 (ALM)。CD〈パウロ:メンデルスゾーン〉 (ALCD)「ハインリヒ・シュッツ合唱団」「クラウディオ」「サギタリウス」および「沼津合唱団」指揮者。「ムシカ・ポエティカ」代表。

AVANTIに関するご質問、お問い合せは
info@avanti.gr.jp

まで。