玉置 敬子 

(アルト Alt)



大阪教育大学卒業。声楽を仲宗根稔氏に師事。在学中よりモーツァルトのミサ曲等のソリストを務め、卒業後は、テレマン室内合唱団において、主にバロック期の宗教曲の演奏に研鑚を重ねる。これまで、J.S.バッハ「マタイ受難曲」「ヨハネ受難曲」「ミサ曲ロ短調」「クリスマスオラトリオ」及び教会カンタータ、ヘンデル「メサイア」、モーツァルト「レクイエム」等、数多くのソロを歌う。また、初期バロック、ルネッサンス作品のヴォーカリストとして、古楽器との共演や声楽アンサンブルに、活躍の場を広げている。
AVANTIに関するご質問、お問い合せは
info@avanti.gr.jp

まで。