竹内 太郎 TAKEUCHI, Taro

(リュート Lute)


京都生まれ。立教大学卒業後、ロンドン市奨学金を得て英国ギルドホール音楽院に留学。リュート、アーリーギター及び通奏低音をナイジェル・ノース氏に師事。ディプロマを得て古楽科卒業後はソリスト、通奏低音奏者として国内外で活躍。通奏低音奏者としては、国内ではザ・バロックバンド、二期会オペラ、国立音大音楽研究所など、ヨーロッパではガブリエリ・コンソート、パーレイ・オブ・インスツルメント、イングリッシュ・ナショナル・オペラ、ワルシャワ・バロック・アンサンブル「イル・テンポ」などと共演。これまでに英国EMI,BBC,ミクタム、NHK,古典舞踏研究会のためにレコーディング。1997年から1年間、文化庁在外研修員。ギルドホール音楽院、トリニティ音楽院に通奏低音助手として勤める他、ワルシャワ音楽院にてマスタークラスを開く。古楽器とその奏法に関する論文、訳文多数。英国リュート協会会員。


AVANTIに関するご質問、お問い合せは

info@avanti.gr.jp

まで。