武久 源造 TAKEHISA, Genzo

(チエンバロ Cembalo)


東京芸術大学大学院修了。1984年より国内外で演奏活動を開始。チェンバロ、オルガン、ピアノなど各種鍵盤楽器を駆使して、中世から現代まで幅広いジャンルにわたり、さまざまなレパートリーを持つ。1986年より作曲、編曲などを発表、合唱曲「始めに言葉ありき」を始め、リコーダー二重奏曲などが好評を得る。また各地の博物館を訪れさまざまな楽器や古文書などにふれたり、多くの楽器製作家と深く交流し、古楽器について造詣を深める。1991年アトランタ「国際チェンバロ製作家コンテスト」、1997年「第11回古楽コンクール」において審査員をつとめる1991年より数々のCDをリリース。中でもシリーズ「鍵盤楽器の領域」Vol.1〜4、オルガン作品集「最愛のイエスよ」、J.S.バッハ「ゴールドベルク変奏曲」および「オルガン曲集Vol. 1」が「レコード芸術」誌の特選版となる。フェリス女学院大学音楽学部器楽科講師。


AVANTIに関するご質問、お問い合せは

info@avanti.gr.jp