鈴木 雅明 SUZUKI, Masaaki

(オルガン organ / チェンバロ cembalo)


神戸出身。12歳から教会のオルガニストを務める。東京芸術大学作曲科に進んでからは矢代秋雄氏に師事。卒業後同大学院オルガン科では広野嗣雄氏に師事し、鍋島元子氏主宰の古楽研究会でチェンバロを学んだ。1979年アムステルダムのスウェーリンク音楽院に進み、チェンバロを名手トン・コープマンに、オルガンをピート・ケースについて学び、チェンバロとオルガンのソリスト・ディプロマを得て同学院を卒業。80年ブリュージュ国際チェンバロ・コンクール(通奏低音部門)で第2位・82年同オルガン・コンクールでは第3位入賞。その後、デュイスブルク音楽大学(ドイツ)講師、神戸・松蔭女子学院大学助教授を経て、90年3月からは東京芸術大学助教授としてオルガンとチェンバロの指導にあたる一方<バッハ・コレギウム・ジャパン>を結成、国内外で幅広い活動を行っている。


AVANTIに関するご質問、お問い合せは

info@avanti.gr.jp