杉山 佳代 SUGIYAMA, Kayo

(チェンバロ Cembalo)


チェンバロ:杉山佳代1993年東京芸術大学音楽学部(チェンバロ専攻)卒業。1995年同大学院修士課程(チェンバロ科)修了。1997年ハーグ王立音楽院(チェンバロ科)卒業。チェンバロ、通奏低音奏法を山田貢、鈴木雅明、トン・コープマン、ティニ・マトー、通奏低音奏法を多田逸郎、ヤン・クラインブッシング、ピアノを田村慧子、米谷治郎、オルガンを今井奈緒子の各氏に師事。クラヴィコードを渡邊順生氏から指導を受ける。学部在学中、芸大バッハ・カンタータクラブに所属して小林道夫氏の指導を受ける。在学中から、各地でソロ、アンサンブル活動を行う。第5回栃木[蔵の街]音楽祭、アルバート・シュヴァイツァー協会コンサートVI 95/96、沼津市若山牧水記念館定期コンサート、ルンデの会例会、東京オペラシティなどでリサイタル。多くの古楽演奏家をはじめ、アンサンブル・ドゥムカ、コレギウム・アルジェトゥム、ヴァイオリン奏者浦川宜也氏、宗論匡氏、フルート奏者工藤重典氏、ウィーン弦楽ゾリステン(日本公演ツアー)、新星日本交響楽団などと共演。その他、静岡音楽館AOI主催のコンサート、バウムホールコンサート、京都国際音楽祭、武蔵野市民講座などへ出演。ヴィヴァルディ「和声と創意の試み」CD(フォンテック)のチェンバロ担当。1998年度より(社)沼津牧水余主催の古楽コンサートシリーズを企画。コンチェルト・ゼフィロ チェンバロ奏者、日本クラヴィコード協会会員、アラ・ムジカ同人。安宅賞、第7回古楽コンクール第1位、上原賞、第5回栃木[蔵の街]音楽賞受賞。


AVANTIに関するご質問、お問い合せは

info@avanti.gr.jp

まで。