須藤 岳史 SUDOU, Takeshi

(ヴィオラ・ダ・ガンバ Viola da gamba)


1977年生まれ。ヴィオラ・ダ・ガンバを志水哲雄、ヴィーラント・クイケン、フィリップ・ピエルロの各氏に、室内楽を、故・小島芳子、トン・コープマン、セバスティアン・マルク、バルトルド・クイケンの各氏に師事。「ザ・スピリット・オブ・ガンボ」、「レジデンス・バッハ・アンサンブル」、「コンバッティメント・コンソート・アムステルダム」、をはじめ、ヨーロッパの多数のオーケストラ、アンサンブルと共に、オランダ、フランス、ベルギー、スペイン、ドイツ、ポーランド、イギリス等のヨーロッパ各国でコンサート、ラジオ、CD録音等の活動をしている。また毎年の復活祭前はオランダ各地でマタイ、ヨハネ受難曲のソリストとして、多数のオーケストラ、合唱団と共演している。特に、2008年、2009年のアムステルダム・コンセルトヘボーでの演奏、デン・ハーグ大教会での演奏は注目を集めた。2010年秋には、オペラ・スタジオ・ネーデルランド(ピエール・アウディ演出)のモンテヴェルディ「オルフェォ」に通奏低音奏者として参加し、大好評を博す。また自身の率いるガンバを中心とした新しいアンサンブル、「ディオニソス・コンソート」も活動の場を広げており、2010年5月の演奏会(マレとフォルクレ)、9月のユトレヒト古楽祭でのコンサート(マレとクープラン)も多くの聴衆を集め大成功をおさめた。東海大学芸術学科音楽学過程卒。オランダ、デン・ハーグ王立音楽院学士及び修士課程卒業。2001年、第71回読売新人演奏会出演。2005年ブリュージュ国際音楽コンクールでディプロマ賞受賞。2009年、バッハ・アーベル国際コンクール、ファイナリスト。オランダ、デン・ハーグ在住。ディオニソス・コンソート音楽監督、日本ヴィオラ・ダ・ガンバ協会会員。
http://blogs.yahoo.co.jp/takeshisudo1977/58393598.html

AVANTIに関するご質問、お問い合せは
info@avanti.gr.jp

まで。