曽根 麻矢子 SONE, Mayako

(チェンバロ cembalo)


東京生まれ。桐朋学園附属高等学校ピアノ科卒業。在学中よりチェンバロに興味を抱き、鍋島元子氏に師事。その後、1983年より通奏低音奏者として演奏活動を開始、1986年、ブリュージュ国際チェンバロ・コンクールに入賞。同コンクールの審査員であった、故スコット・ロス氏の勧めにより渡欧を重ね、指導を受ける。1990年以来パリに拠点を移し、シュロモ・ミンツ指揮イスラエル室内オーケストラ専属のチェンバロ奏者として、ヨーロッパ各地で演奏旅行を行う一方、レコーディングも継続的に行う。1991年、フランス・エラート社の名プロデューサー、ミシェル・ガルサンにその実力を認められ、日本人としては初のエラート社専属アーティストとして、デビューCD「バッハ:イギリス組曲」をレコーディング。その後、1993年には恩師スコット・ロスの偉業「D.スカルラッティ:ソナタ大全集」(全555曲)の追加録音プロジェクト「情熱のファンダンゴ〜D.スカルラッティ:知られざるソナタ」を、師の遺志を継いでレコーディングし、注目を集めた。1994年には「シネマ=チェンバロ」をリリース。1997年6月には「ジュ・レーム〜チェンバロに恋して」をリリース好評を博す。1999年5月には「J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲」をリリース。現在はヨーロッパの他、1994年以来日本でもソロ、コンチェルト等、数多くの演奏会や、テレビ、ラジオ出演、また雑誌「DIME」 に連載されたエッセイをもとに、著書 『いきなりパリジェンヌ』(小学館刊)を出版するなど多才ぶりを見せている。エッセイ執筆など多彩ぶりを発揮している。1996年第6回出光音楽賞、1997年10月「飛騨古川音楽大賞奨励賞」を受賞。


AVANTIに関するご質問、お問い合せは

info@avanti.gr.jp

まで。