志水 哲雄 SHIMIZU, Tetsuo

(ヴィオラ・ダ・ガンバ Viola da gamba)


熊本県出身。国立音楽大学バイオリン科卒。諏訪晶子、鷲見四郎の各氏に師事。卒業後、オリジナル楽器によるバロック音楽に興味を抱き、ガンバを大橋敏成氏に師事。72年よりベルギーのブリュッセル王立音楽院に留学、世界的ガンバ奏者のW.クイケン教授に師事、研鑽を積み帰国。直ちに第1回目のリサイタル(横浜)を開催。以後、東京、大阪、名古屋、 熊本等でもしばしば開催。本邦初演の曲も数ある。1976年以来、プロムジクス神奈川に参加。このグループの定期演奏会は98年3月で99回目を迎えた。1987年からあらたなリサイタルのシリーズとして、「ヴィオラ・ダ・ガンバと仲間たち」を開始。1995年に結成された全日本音楽療法連盟および臨床音楽療法協会に理事として参加日本における音楽療法の普及、教育にも寄与している。東海大学教養学部芸術学科音楽学課程教授


AVANTIに関するご質問、お問い合せは

info@avanti.gr.jp

まで。