崎川 晶子 SAKIKAWA, Akiko

(チエンバロ Cembalo)


桐朋学園大学ピアノ科卒業。ピアノを故井口基成、兼松雅子、ジャン・クロ一ド・ヴァンデンエイデン、指揮伴奏を故斎藤秀雄に師事。同大学を卒業後、新人演奏会、NHKFM,FM愛知等に出演、ピアニストとして演奏活動を行う。ベルギーにてチェンバロに開眼し、シャルル・ケーニッヒ、渡邊順生、パリの古楽コンセルヴァトワールでノエル・スピース、フォルテピアノをパトリック・コーエンに師事。ドレスデン・カンマーゾリステン、デヴィット・トーマスなど、外国アーティストとも共演多数、渡邊順生と共演による『2台のチェンバロのための協奏曲・バッハ』のCDをリリース。97年6月東京オペラシティリサイタルホールにて、チェンバロフォルテピアノを駆使したソロリサイタルを行い、絶賛を浴びた。現在、ソロ、室内楽などで活躍中。音楽の泉シリーズを主催。


AVANTIに関するご質問、お問い合せは

info@avanti.gr.jp