大橋 多美子 OOHASHI, Tamiko

(メゾ・ソプラノ Mezzo Soprano)


 フェリス女学院短期大学音楽科卒業。水谷俊二、田中順、加藤典子、木下武久、飯田純子、三宅春恵の各氏に師事。平成2年度“愛知県芸術文化選奨文化賞”受賞。オペラ「魔笛」「コシ・ファン・トウッテ」「蝶々夫人」「カルメル会修道女の対話」「ルクレシア」等に出演し好評を博す。又、べ一トーヴェン「第九交響曲」、モーツァルト「レクイエム」、マーラー「千人の交響曲」、ドヴォルザーク「スタバト・マーテル」、ヘンデル「メサイヤ」、バッハ「口短調ミサ」「ヨハネ受難曲」等のソリストをつとめる。又、ヘンデルの“ソロカンタータ”日本初演を開催。古楽器の地域への紹介と共にソロリサイタル、古楽器とのアンサンブル両面でも活動中。名古屋市民芸術祭‘90‘91‘93‘97に参加。現在<アーベント・ムジーケン>主宰、名古屋二期会会員、愛知教育大学、名古屋芸術大学非常勤講師。

AVANTIに関するご質問、お問い合せは

info@avanti.gr.jp

まで。