小倉 貴久子 OGURA, Kikuko

(フォルテピアノ Fortepiano)


都立芸術高校を経て、東京芸術大学音楽学部器楽科に入学。中山晴子、田村宏、平井丈二郎の各氏にピアノを師事する。在学中、第3回日本モーツァルト音楽コンクール・ピアノ部門で第1位を受賞。芸大定期演奏会ではストラヴィンスキーの『ピアノ協奏曲』を演奏する。卒業後は同大学院に進む。さらに大学院在学中にオランダのアムステルダム・スウェーリンク音楽院に留学し、W.ブロンズ氏にピアノを師事する。オランダではスウェーリンク音楽院定期演奏会のソリストとして迎えられたり、アムステルダム・コンセルトヘボウ小ホールの「ランチタイム・コンサート」など、オランダ各地でリサイタルを行う。また、古楽にも興味を持ち、チェンバロをA.アウッテンボッシュ氏に師事するほか、独学でフォルテピアノの勉強を始めた。1993年、オランダ国家演奏家資格と特別栄誉賞を得て首席で卒業し帰国。同年、古楽器を扱うコンクールで最も権威のある『ブリュージュ国際古楽コンクール』アンサンブル部門で第1位を受賞。95年には同コンクール・フォルテピアノ部門で9年ぶりの第1位と併せて観衆賞を受賞する。96年4月にカザルスホールで行われた受賞記念コンサートではハイドンとモーツァルトのピアノ協奏曲を演奏し各紙で絶賛される。NHK−FMリサイタル出演。現在は古典楽器、現代楽器の垣根を越えて、ソロ・室内楽に幅広い活動を行っている。


AVANTIに関するご質問、お問い合せは

info@avanti.gr.jp

まで。