中田 聖子 NAKATA, Seiko

(チェンバロ cembalo)


 2001年相愛大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。1999年夏季ワルシャワ・ショパン・アカデミーにおいて研修、T.マナステルスカ氏に師事。大学在学中より、チェンバロと通奏低音を学び、卒業と同時にチェンバロに転身。2001年より「大阪クラシック・デビュタント」をはじめ、各種演奏会にチェンバリストとして出演、奏者としての活動を始める。2003年より、毎年リサイタルを開催。「安定した高技巧の演奏」「躍動感ある演奏」と定評があり、2005年11月に行ったJ.S.バッハとヘンデルの組曲をテーマにしたリサイタルの演奏は「細部において随分ニュアンスが豊かになった」(「音楽の友」2006年2月号)と好評を得る。2005年から、リコーダー奏者の織田優子氏とのコンサート・シリーズを開始。又、古楽の領域のみならず、木管五重奏とチェンバロの組み合わせによるアンサンブルを行うなど、チェンバロの新たなあり方にも取り組む。チェンバロと通奏低音を中野振一郎、ピアノを戎洋子、作曲を山田光生、音楽学(西洋古楽)を黒坂俊昭の各氏に師事。日本音楽学会正会員。エリザベト音楽大学非常勤講師。

AVANTIに関するご質問、お問い合せは
info@avanti.gr.jp

まで。