諸岡 範澄 MOROOKA, Norizumi


(チェロ Violoncello)


東京都出身。国立音楽大学器楽科卒業。1993年ブルージュ国際古楽コンクール・アンサンブル部門(Trio von Beethoven)第1位受賞。在学中にアーノンクールの生演奏に触れて古楽器に関心をもち、独学でバロック・チェロの研究を始める。バッハ・コレギウム・ジャパン、有田正広、P. ヘレヴェッヘ、A. ビルスマ、クイケン兄弟ら、内外の演奏家と数多くの演奏会、CDレコーディングに参加。「コンヴェルスム・ムジクム」「M.O.G」メンバー。モダン・チェロ奏者としてもソロ、室内楽等の分野で活躍する他、作曲も手がける。1999年「第13回古楽コンクール・山梨」審査員を務める。2000年韓国国立ソウル芸術大学におけるバロック音楽セミナー講師として、また漢陽大学「コレギウム・ムジクム漢陽」の指導者として招かれ、以後毎年訪韓している。「栃木奏楽塾」講師、「東京五美術大学管弦楽団」「オーケストラMzima」指揮者。「オーケストラ・シンポシオン」指揮・音楽監督。
AVANTIに関するご質問、お問い合せは

info@avanti.gr.jp

まで。