水永 牧子 MIZUNAGA, Makiko

(チェンバロ Cembalo)


東京生まれ。中学生の頃よりバッハの音楽に強く惹かれ、古楽研究会にてチェンバロを学ぶ。桐朋学園大学古楽器科卒業。1998年よりフライブルグ国立音楽大学大学院に留学、最優秀の成績で卒業する。現在、同大学ソリストコースに在籍。1999年、モントリオール国際チェンバロコンクール第2位受賞。M.Gonneville の作品(現代曲)を演奏し、併せて最優秀賞受賞。この時、同氏から高い評価を得る。2000年、フライブルグ音楽大学コンクール優勝。ソロ以外でも1996年にアンサンブル“ラ・フォンテーヌ”を結成し、1999年、ヨーク古楽音楽祭に招かれるなど活発な演奏活動を行う。第11回山梨古楽コンクールのアンサンブル部門で最高位入賞。2000年、ブリュージュ国際古楽コンクールのアンサンブル部門第2位入賞、併せて聴衆賞も受賞。これまでにNHK-FM「FMリサイタル」「名曲リサイタル」などに出演するほか、1999年にデビューCD「バロックの泉」をリリース。国内のみならずドイツ、スペイン、フランスなどで活発に演奏活動を行っている。ピアノを坂井由紀子氏に、チェンバロを故鍋島元子、池田悦子、曽根麻矢子、ロバート・ヒル、ミヒャエル・ベーリンガーの各氏の師事


AVANTIに関するご質問、お問い合せは
info@avanti.gr.jp

まで。