平尾雅子 HIRAO, Masako

(ヴィオラ・ダ・ガンバ Viola da gamba)


 京都に生まれる。国立音楽大学楽理科卒業後、スイスのバーゼル・スコラ・カントルムに留学、ソリスト・ディプロマ取得。さらにオランダのハーグ王立音楽院にて研鑽を積む。ヴィオラ・ダ・ガンバを故大橋敏成、J.サバル、W.クイケンの各氏に師事。在欧中はサバルのアンサンブル「エスペリオンXX」のメンバーとして活躍した。
 帰国後は、多数のリサイタル、室内楽コンサート、様々なレコーディングで内外の名手と共演する一方、海外の国際古楽フェスティヴァルにもたびたび出演している。数年来ヨーロッパ各地で行われている「エスペリオンXXI」企画「ザビエル、東方への道」の公演に参加。
 コジマ録音(ALM)よりCD「マラン・マレの横顔」 I V (全盤レコード芸術誌特選盤。IVは第45回レコード芸術アカデミー賞 [音楽史部門] 受賞)、「J.S.バッハ、ヴィオラ・ダ・ガンバソナタ他」、マイスターミュージックより「ダニューブ河のこだま」(同紙特選盤)、「王のパヴァーヌ」等がリリースされている。2010年アルテスパブリッシングよりディエゴ・オルティスの『変奏論』解説付き邦訳を出版。京都市立芸術大学非常勤講師。富山古楽協会セミナー講師。http://www.masakohirao.net/

       


AVANTIに関するご質問、お問い合せは
info@avanti.gr.jp

まで。