梶山 希代 KAJIYAMA, Kiyo

(チェンバロ Cembalo)


東邦音楽大学音楽学部卒業。ピアノを牧野泰子氏に師事。大学在学中よりバッハのカンタータなど、バロック声楽曲の伴奏を通じてチェンバロにひかれ、古楽研究会に入会。チェンバロソロと通奏低音によるアンサンブルを、橋本ひろ氏、故鍋島元子氏に師事、J.オッホ氏、A.タールハイム氏らの指導を受ける他、ウィーンとリューベック音楽院でT.コープマン、B.v.アスペレン各氏、J.W.ヤンセン氏ら国内外マスタークラスを修了。‘85年より古楽研究会主催「ジョイントリサイタル」「室内楽の夕べ」等出演の他、1997年東京で2回のリサイタルを行う。1999年夏には、北ドイツのシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭でのチェンバロコンサートに出演。ソロおよびアンサンブル活動、サロンコンサートの企画、出演を続けている。古楽研究会講師。東京古典楽器センターチェンバロ科講師。東邦音楽大学講師。


AVANTIに関するご質問、お問い合せは

info@avanti.gr.jp

まで。