芝崎 久美子 SHIBASAKI, Kumiko

(チェンバロ Cembalo)


東京に生まれる。国立音楽大学及び桐朋学園大学古楽器科研究科を卒業。ピアノを故小林正一氏に、チェンバロを有田千代子氏に師事。1989年第3回楽コンクール山梨チェンバロ部門に於いて最高位(1位なしの2位)に入賞。第1回栃木「蔵の街」音楽賞を受賞。国立音楽大学音楽研究所を経て、1991年より、オランダのアムステルダム、スゥエーリンク音楽院に留学し、チェンバロをグスタフ・レオンハルト氏に師事。2001年度文化庁派遣在外芸術研修員としてイタリアに派遣され、ミラノ、ベルガモで研鑽を積む。これまでに主要な古楽祭に数多く出演する他、全国各地で演奏会を行う。また、1999年、2003年には古楽コンクールの審査員を務める。ソロCD「優しき嘆き」をリリース。通奏低音奏者としても、国内外の多くの演奏家と共演し、多彩な即興演奏による通奏低音は高く評価されている。


AVANTIに関するご質問、お問い合せは
info@avanti.gr.jp

まで。